清水宏保

元スピードスケートの選手で、長野オリンピックでは金メダルを獲得した清水宏保さん。幼少期から吃音だけでなく喘息にも悩まされていたそうです。

清水宏保さんプロフィール

  • 1974年生:北海道帯広市出身
  • 1993年:スピードスケートW杯に18歳で初出場・初優勝という快挙を達成
  • 1994年:リレハンメルオリンピック出場
  • 1995年:W杯総合優勝
  • 1996年:男子500m世界新記録を樹立(35秒39)
  • 1997年:W杯総合優勝
  • 1998年:長野オリンピック金メダル獲得(スピードスケート日本人初)
  • 1998年:日本で初めてのプロスケーターとなることを宣言
  • 1996年:男子500m自身4度目の世界新記録を樹立(34秒32)
  • 2001年:W杯総合優勝
  • 2010年:現役引退

清水宏保さんと吃音

清水さんと言えば、161cmという日本人の中でも小柄な体格で大柄な海外の選手を相手に金メダルを獲得した強靭な精神力の持ち主。
吃音、喘息、身長だけでなく、女性に持てない事や田舎出身という事など様々なコンプレックスを持っていたようで、それをバネに努力したようです。
吃音というコンプレックスがあったからこそ金メダル獲得という偉業を成し遂げられたのかもしれません。

おすすめのプログラム