喜早哲

男性コーラスユニットとして長年活躍されたダークダックスのメンバーで、ゲタさんとして親しまれていた喜早哲さん。2016年に85歳で亡くなられました。日本を代表するコーラスグループ「ダークダックス」のメンバーだった喜早哲さんも吃音に悩んでいたようです。

喜早哲さんプロフィール

  • 1930年生:東京都出身
  • 1951年:ダークダックス結成
  • 1957年:ロシア民謡「ともしび」が大ヒット
  • 1958年:NHK紅白歌合戦初出場(以後14回連続出場)
  • 1987年:メンバーが変わらず最も長期にわたって活動するコーラスグループとしてギネス世界記録に認定
  • 1993年:紫綬褒章受章
  • 2010年:グループとしての活動休止を発表
  • 2016年:急性肺炎のため85歳で死去

喜早哲さんと吃音

ダークダックスと言えば、紅白歌合戦でグループとして初めての出場を果たしただけでなく、通算15回の出場を記録し、メンバーが変わらないコーラスグループとしてギネス記録を記録したり紫綬褒章を受章したりと日本を代表する存在でした。このダークダックスのメンバーだった喜早哲も幼少期には吃音に悩まされて方の1人です。
小学時代、吃音に苦しみ、特に人前ではあせって言葉が出なかったそうです。それを母親がとても心配し、発声練習や早口ことばの特訓を毎晩行い、それが終わらないと寝かせてもらえなかったそうです。これで吃音を克服できたのかどうかは定かでなありませんが、吃音に対する理解がなかった当時はスパルタ的に治そうとする事が珍しくなかったようです。
喜早哲さんの場合、少なくとも歌っている時に吃音である事を感じることはありませんでしたが、歌うという事自体が吃音を和らげる作用がありますし、しかもグループという事がプラスに働いたのかもしれません。

おすすめのプログラム