お子様の吃音を改善するプログラム

「お子様の吃音を改善するプログラム(井坂京子)」は、幼児や子供の吃音改善専用のプログラムです。自らも吃音に悩みながら、長年国語教師として勤めてきた「井坂京子」さんが、その経験をまとめたものがこのプログラムです。お子様が吃音だと感じている方は、ご自分が吃音を抱えている以上に心配ではないでしょうか?そのような方におすすめのプログラムです。

井坂京子「お子様の吃音を改善するプログラム」の特徴

幼児・子供専用の吃音改善プログラム

「お子様の吃音を改善するプログラム(井坂京子)」は、唯一の幼児・子供の吃音改善プログラムです。
お子様の吃音改善は、当然大人と違った方法が必要です。ご両親がお子様に対して行う必要がありますし、お子様自身が吃音を意識していないこともあります。しかし、ほとんどの吃音改善法では、まず自分の精神的な部分から触れるものが多く、お子様には不向きです。このプログラムでは、逆に、どのようにお子様に接してどのように改善していくかという視点で構成されています。

元国語教師「井坂京子」氏の著作

このプログラムは、元国語教師の井坂京子さんの著作です。井坂さんは、ご自分も吃音に悩んだ経験を持ちながら、それを克服して敢えて国語教師の道を進みました。また、国語教師という立場から、多くの吃音持ちの生徒とも接してきた方です。本プログラムだけでなく、吃音に関する多くのプログラムを発表されています。その井坂さんが子供の吃音専用に作ったのがこのプログラムです。

1日9分のトレーニング

お子様にトレーニングをさせる場合、飽きてしまって長く続かないのが悩みではないでしょうか?このプログラムでは、1日9分で済むようなトレニンーグになっていますので、お子様が飽きてしまったり、続けるのが苦になったりしないように配慮されています。苦しいトレニンーグはストレスが増して逆効果になってしまいがちですが、このプログラムはお子様専用ですので、そのような点が配慮されています。

周りの大人が環境を作るトレーニングも

子供といっても幅が広く、年齢によって対処法が違ってきます。ですので、このプログラムでは、年齢によって違うトレーニング法になっています。小学校高学年では1日9分のお子様自身のトレーニング法、それ以下の3歳~10歳では周囲の大人が行うトレーニング法となっています。10歳以下のお子様の場合、周囲の大人が吃音を改善するための環境を作るというアプローチの改善法を紹介しています。

購入前の注意点

大人の協力が必要

子供の吃音の場合、何といっても大人の協力が必要です。特に子供にトレーニングをさせるだけでなく、周囲の大人の環境作りが重要となってきます。このプログラムでは、周囲の大人に対するトレーニングもありますので、お子様自身だけでなく、家族みんなで協力してトレーニングしていく意識が必要になります。

そもそもトレーニングが必要がどうかの見極めも必要

お子様の吃音は、9割が成長とともに自然に改善していくと言われています。逆に、ご両親が気にしすぎるあまり、お子様が意識してしまって長引いてしまう事もあります。「吃音はこどもの口から始まるのではなく、親の耳から始まる」という言葉もあります。本当に治療が必要なレベルなのか?親が気にしすぎなのではないか?など、もう一度自問してみてください。

こんな人におすすめ

  • 幼児・子供の吃音改善法を探している方
  • お子様に意識させずに吃音を改善したい方
  • お子様が飽きっぽく集中力が続かない方
  • 病院や治療院に連れていくことに抵抗がある方
  • 病院や治療院で効果がなかった方

総合評価

お子様の吃音を改善するプログラム総合評価

幼児・子供専用のプログラムですので、お子様の吃音になやんでいるご父兄はこちらがお勧めです。価格面での低価格に抑えている上、返金保証もついています。子供に特化しているため、大人にはあまり応用が利きませんし、トレーニングには家族の協力も必要になるという点を考慮してください。

おすすめのプログラム